2013年08月05日

●安用寺六段 飛車落ち

今日まで行われていた東急将棋まつりは大盛況だったようですね。
とくに加藤先生、羽生先生、藤井先生、三浦先生が集結した土曜日は
立ち見もできないほどの超満員だったようです。

盛況になればなるほど現場の混乱は増えるでしょうから、将棋連盟さんは
ぜひイベントの運営ノウハウを集約して、全国のイベントが円滑に
行われるよう情報展開していただきたいです。

さて将棋のほうはNSNでの安用寺先生との指導対局です。
6二玉型でおなじみの桂頭を攻める展開から、その桂馬が逃げる
形になってこの局面。
2012/11/30 安用寺六段 飛車落ち 63手目

ここはまず馬取りの▲4七金だったようです。
本譜は喜んで桂馬を取ってしまったため、空いたスペースに両取りで
桂馬を打たれて自陣がボロボロになってしまいました。
▲4七金を先に入れれば桂打ちが両取りにならないので、桂馬を取っても
問題なかったわけですが…。

その後も疑問手連発で、相当ひどい棋譜になっての投了でした(´・_・`)
posted by 涼暮 at 00:17| Comment(0) | TrackBack(0) | 指導対局

2013年07月22日

○堀川五段 飛車落ち

今日はニコ生で達人選の加藤-羽生戦が中継されていました。
対局室の様子を映しているだけの時でも、あれほどコメントが
盛り上がったのは加藤先生の個性のなせる技でしょうか^^

さて棋譜の方ですが久しぶりの△4二銀型となりました。
そこから△6四金〜△6三玉としたのが上手の趣向でした。
それでも通常の△4二銀型の仕掛けが通用すると判断して決行。
結果はやはりうまくいき、危ない所無く寄せる事ができました(^^)

posted by 涼暮 at 00:32| Comment(2) | TrackBack(0) | 指導対局

2013年07月14日

●堀川五段 飛車落ち

いやぁ尋常じゃなく暑いですね・・・。
そんな中、木曜日に銀波荘で行われた王位戦の大盤解説会に行ってきました。
タイトル初挑戦の行方先生でしたが、初戦は残念な結果でした。
この後巻き返して、棋戦を盛り上げていただきたいですね。

棋譜の方は上手が角道を止めずに駒組を進める形。
こういう場合は遠慮無く下手から角交換するようにしています。

そこから先は「角換わり腰掛銀風に進めればいいや」くらいの気楽な気持ちで
駒組していたのですが、何せ振り飛車党で普段角換わりを指さないだけに
そうすんなりとはいきませんでした。

まず最初はこの局面。ここからあっさり7筋の歩交換を許したのですが、
▲6六銀と出て拒否するのも有力だったようです。その後▲7七桂と
跳ねてから右玉風に駒組するイメージですね。
2013/02/16 堀川五段 飛車落ち

続いてこの局面。すでに失敗している形で▲6六同銀は△3九角が飛車銀両取り。
本譜では▲3八飛としたのですが、どうやら△3九角を打たせてから▲4八飛として
飛車角交換にした方が指しやすかったようです。
(まぁ、激指先生との検討の結果なんですが)
2013/02/16 堀川五段 飛車落ち

その後はすぐに駒組をバラバラにされ、いい所なく終わりでした。・゚・(ノД`)・゚・。
posted by 涼暮 at 23:02| Comment(0) | TrackBack(0) | 指導対局

2013年07月06日

●堀川五段 飛車落ち

今日は棋聖戦に朝日杯のアマプロ戦、そして女流王座戦の中継もあって見るのが大変でした。
でも見るのが大変なくらい中継があるのはありがたいことですね。

今回の棋譜は序盤から上手が趣向を見せ、下手が早々に仕掛けて大乱戦になりました。
下手居玉のまま立ち回ってこの局面。
2013/02/10 堀川五段 飛車落ち 29手目
ここで△6五角を打たれるのを気にして▲6六歩としましたが、すかさず△6七角で馬を作られてしまいました。
まったくうっかりしていたわけですが、他にいくらでも有効な手がありましたね・・・。

そして手は進んでこの局面。
2013/02/10 堀川五段 飛車落ち47手目
本譜はここから▲5六桂として攻めを狙う方針で指しました。
しかし本譜の流れの通り、△7七歩成から△5七馬を狙う厳しい筋がある
こともあり、ここでは上手の馬を封じ込めるような方針がよかったようです。

結局上記の△7七歩成以降の攻めが厳しく、あまり勝負にならず終わってしまいました(T_T)

posted by 涼暮 at 21:35| Comment(0) | TrackBack(0) | 指導対局

2013年06月29日

○堀川五段 飛車落ち

一時は大渇水になるんじゃないかと心配されるくらい晴れていましたが
この一週間は雨も多く、ようやく梅雨らしくなってきました。
もうすぐ夏本番ですね。今年も夏休みは京急将棋祭りに遠征する予定です(^ω^)

棋譜の方は上手玉が6三まで上がる形になりました。
▲4一角が王手になるのを利用して、2三から突破を図りに行ってこの形。
2013/01/27 堀川五段 飛車落ち 61手目
本譜はここから当初の狙い通り▲2三角成△同金▲同飛成と突破。
ただ、銀取りを放置している形でやはりちょっと強引かなと^^;
▲5二角成と銀を取ってから▲3四銀で2筋突破を狙った方が確実だった
かもしれません。

対局自体は大きく駒損しても飛車が成ったのが大きく、何とか勝つことができました^^



駒落ちだと多少強引な攻めでも勝ててしまうので、平手を考えるとちょっと
悪影響があるみたいですね。今スクールでは平手を勉強してその辺りを
矯正中です。
posted by 涼暮 at 21:44| Comment(0) | TrackBack(0) | 指導対局

2013年06月14日

●堀川五段 飛車落ち

いやぁ、暑いあせあせ(飛び散る汗)
6月のこの時期に35度を越える猛暑日でした。(東京の方は涼しかったようですね)
このまま一気に夏なんでしょうかね。梅雨らしい雨を見てない気もしますが^^;

さてさて将棋の方はスクールのレッスンで上手が△3三桂と上がらない
力戦型の将棋になりました。

そして迎えたこの局面。
2013/01/20 堀川五段 飛車落ち 61手目
この攻め筋には金を一つ寄って逃げるのが「形」で、実際そう指したのですが
この場合は金桂交換を甘受しても、もっと得する手がありました。
ここで▲3六歩とすると金桂交換後に△3六銀は飛車成り、△4四銀と逃げるのは
▲同角で二枚替え、△4六銀で飛車を抑えても▲4五歩と銀を取って△同金に
▲4四角で優勢に持ち込めたようです。

本譜は駒の捌きに失敗して無理攻めをする形になり、勝負になりませんでした(´・ω・`)

posted by 涼暮 at 00:23| Comment(0) | TrackBack(0) | 指導対局

2013年06月02日

●堀川五段 飛車落ち

名人戦は森内名人の防衛されましたね。
3期連続、通算8期。この棋戦での強さが際立ちます。

私は現地大盤解説会に行きましたが、仕事をこなした後に行ったため
到着後40分で終局してしまいました…。
その後会場となったホテルで、名人が昼食で召し上がっていた大エビフライカレー
食べてきました。これはおいしかったです^^

さて棋譜の方ですがスクールのレッスンで上手が7筋で1歩入手する
形になりました。

駒がぶつかり始めてこの局面。
2013/01/13 堀川五段 飛車落ち 59手目
本譜はここで▲7七角として2二の金を睨む指し方をしたわけですが
あまりうまくいきませんでした。
ここは相手の歩切れをついて▲4五銀と出た方がよかったようです。

その後も自玉方面で戦いを起こしてしまったのが祟り、一気に攻め込まれて
負けとなってしまいました(T_T)

posted by 涼暮 at 23:46| Comment(3) | TrackBack(0) | 指導対局

2013年05月19日

○堀川五段 飛車落ち

いやぁ、すっかり暑くなりましたね。
朝晩との温度差が激しくて着る服に気を使います。

さて棋譜の方は例によってスクールのレッスンです。
上手が7筋の歩を交換してくる形になりました。

途中温い手もありましたが比較的駒が捌け、上手の玉と金銀が離れている
間を突いてうまく攻めることができました(^^)

posted by 涼暮 at 00:42| Comment(1) | TrackBack(0) | 指導対局

2013年05月12日

○堀川五段 飛車落ち

GW中に少しは更新しようと思ったのですが、東京→大阪と遊び歩いて
結局全く更新しませんでした^^;

GW自体は大阪でいつもお世話になっている安用寺先生にご挨拶できたり
東京では初めて連盟の道場で指してみたり、色々充実したものでした^^

さて将棋の方はスクールのレッスンで、上手が引き角にする形になりました。
引き角の形は6四の位置に角を据えられてしまうと仕掛けにくくなって
しまうため、△3一角の瞬間に▲4五歩と仕掛けられるよう駒組みを
進めました。
実際の進行も△3一角▲4五歩の流れとなり、途中の飛車切りはちょっと
強引な感じもありましたが玉頭攻めを絡めて勝ちに持っていくことが
できました。^^

posted by 涼暮 at 21:14| Comment(0) | TrackBack(0) | 指導対局

2013年04月21日

●堀川五段 飛車落ち

電王戦は大将の三浦八段も敗れ、棋士の1勝3敗1分でした。
結果論で言うのであれば開催するのが2年くらい遅かったのかもしれませんね。
来年も開催されるのでしょうか、開催されるならどんなメンバーになるか楽しみです。

棋譜は今回もスクールのレッスンの棋譜です。
上手が早めに7筋の歩を交換する形になりました。
今回はさらに5筋で銀交換もする形に。

その後こちらが9筋から攻める形になってこの局面。
2012/11/11 堀川五段 飛車落ち
ここで▲9四桂としたのがやり過ぎで、普通に▲9四歩にしておけばよかったようです。
本譜は余分に渡した桂馬で損をすることに。

そして最後の最後この局面。
2012/11/11 堀川五段 飛車落ち
ここで▲5九玉と逃げていれば右が広く当面捕まらなかったと思うのですが、何を思ったか▲同玉。
すかさず▲8七金で以下即詰みとなってしまいました。


詰め将棋、詰め将棋、詰め将棋…(大事な事なので3回言いました)
posted by 涼暮 at 23:21| Comment(0) | TrackBack(0) | 指導対局

2013年04月14日

○堀川五段 飛車落ち

昨日は詰め将棋解答選手権に参加してきました。
初級戦(1〜5手)、一般戦(5〜15手)に参加したのですが
「初級戦くらいは全問正解を」という意気込みも空しく、1問解けませんでした><
そして一般戦に至ってはほぼ全滅状態…。
自分の弱点がよくわかったということで、詰め将棋勉強します(泣きながら)

棋譜の方は例によってスクールのレッスンです。
前回の棋譜でも端攻めを含みにしたやりとりがありましたが、
今回は端攻めを敢行する流れになりました。

そして上手側も暴れてきて以下の局面。

2012/11/04 堀川五段 飛車落ち 61手目
本譜はここで▲8五同銀としたのですが、△9八歩から△8六桂の王手飛車を
狙われて苦戦することに…。
ここは▲9一香成から上部開拓して入玉を狙うのがよかったようです。

対局では逆に上手に入玉を狙われる流れになり、ギリギリ捕まえる事が
できました。と言っても、投了図から明確に寄せる自信は全く無かったですが^^;

posted by 涼暮 at 23:46| Comment(0) | TrackBack(0) | 指導対局

2013年04月04日

○堀川五段 飛車落ち

ちょっと時期を逸してしまいましたが、電王戦はついにソフト側が勝ちましたね。
プロ棋士側のプレッシャーも減って、これからが本番という所でしょうか。
「史上初めてソフトに負ける」というリスクを背負って戦いに挑んだ、今回の
参加棋士の皆様には、心から敬意を表したいと思います。

さて棋譜の方はスクールのレッスンから、9筋からの端攻めを見せる駆け引きなど
あった結果、上手の銀が6四まで上がって厚みを築く形に。
そこで薄くなった4筋から仕掛け、1筋側からの端攻めも絡めて下手としては
上々の流れになりました。
最後入玉される危険がありましたが、なんとか食い止めて久しぶりの勝利でした(^^)


posted by 涼暮 at 00:27| Comment(2) | TrackBack(0) | 指導対局

2013年03月24日

●安用寺六段 飛車落ち

今日は大注目の電王戦第1戦が行われました。
阿部光瑠四段が先手で一手損して定跡を無効にしたり、端歩を早めに突いて
手抜かせて突き越したりと、ソフトの弱点を巧妙に突いた指しまわしで
快勝! 第2戦以降も楽しみです。

興行的には今回はプロの3勝2敗で来年リベンジみたいのが一番おいしいん
でしょうね。現実にはどうなるかわかりませんが。

さて棋譜はNSNで安用寺先生に教えていただいたものです。
△4二銀型の将棋になりました。
香を捨てて▲4三歩とするいつもの仕掛けから、しばらく進んでこの局面。
2012/10/26 安用寺六段 飛車落ち
上手が△7六桂と角金両取りを狙ってきた局面です。
ここで「せっかく香が上がってあるのだから」と▲9九角と逃げたのですが
これは△8八歩とされて意味無し。
そもそも▲7七角としてから仕掛ければ、この攻めはなかったわけで
特に仕掛けを急ぐ理由もなかった以上、そうしてから指すべきでした。

そこからさらに進んでこの局面。
2012/10/26 安用寺六段 飛車落ち
金取りを防ぎ、王手金取りをかけながら再び△7六桂を狙う手です。
ここで▲同角としたのですが、さすがにやりすぎでした。
▲同歩として両取りかけられても二枚替えなので、まだそっちを選ぶべきでした。

ここから先はひたすら寄せられるだけの負けとなりました(泣)


posted by 涼暮 at 00:00| Comment(1) | TrackBack(0) | 指導対局

2013年03月14日

●堀川五段 飛車落ち

暖かくなったり、ちょっと冷えたり微妙な天気が続きますね。
体調崩さないように気をつけたいです…。

棋譜の方はスクールのレッスンで、上手が角を引く将棋になりました。
この場合△6四角まで動かれると仕掛けにくくなる(▲4五歩とやると
3七の桂馬がタダ)ので、△3一角の時点で仕掛けられるように駒組を
進める必要があります。

若干強引ながらも手を作っていき、最終盤のこの局面。
20121007_83.png
ここで▲7九玉とすれば何事もなかったのですが、右辺が広くて逃げ
やすそうと思ってために▲6九玉としたのが大失敗。
すかさず△8九飛成と王手で桂馬を取られ、合駒も送りの手筋で取られて
そのまま詰まされてしまいました(涙)



前回もそうですが、あと一手ちゃんと受けられていれば…。(´・ω・`)
posted by 涼暮 at 23:39| Comment(2) | TrackBack(0) | 指導対局

2013年03月09日

●堀川五段 飛車落ち

いやぁ、急に暖かくなりましたね。
今日は車に乗ったらエアコンが暖房じゃなくて冷房になりました^^;

そして春になると恒例なのが岡崎将棋まつり。
今年も案内が出ています。 会長、名人、竜王と超豪華版ですね^^

さて今回もスクールのレッスンですが、上手が△6四金と構える形になりました。
その瞬間5三の地点が薄いので仕掛けて、しばらく進んでこの局面。
2012/10/13 堀川五段 飛車落ち 65手目
ここで後手は引きたくないと▲同角と銀を取ったのですが、さすがにやりすぎの
ようで▲8八角と引いてから2枚の銀をいじめにいく指し方で十分だったようです。

そして最終盤のこの局面。
2012/10/14 堀川五段 飛車落ち 83手目
ここでも先手を取ろうと金で合駒をしてしまったばかりに、△7九角▲9八玉△7八竜から
即詰みが発生してしまいました ><
ここは桂馬で合駒していれば、まだまだやれたようです。



最近は中盤以降の指し手についてソフトにも色々ご意見を伺って(笑)います。
なかなか勉強になります。
posted by 涼暮 at 21:14| Comment(0) | TrackBack(0) | 指導対局

2013年03月03日

●堀川五段 飛車落ち

昨日はA級順位戦最終日でしたね。
私も大盤解説会を最後まで楽しんできました。
行方先生が予想通りお酒が入ってて面白かったです(笑)

さて自分の将棋の方は、絶不調の頃のもの。
前回に引き続き先生にご配慮いただき、基本的な定跡の形に。
前回は△7二玉型でしたが今回は△6二玉型でした。
この形は8二に角が打てるのですが、すぐに打つとなかなか
難しいですね。今なら角を打たずに▲7五歩から桂頭を狙って
いきたい所です。

そして終盤押し迫ってこの局面。
2012/09/02 堀川五段 87手目

先手玉には詰めろがかかっているのですが、それに気付かず
悠然と後手玉に詰めろをかけにいったので当然ながら
あっさり詰まされました。(>_<)



自分のレベルではまずは詰めろが見えるかどうかですね。
詰将棋精進しないと…。
posted by 涼暮 at 00:42| Comment(0) | TrackBack(0) | 指導対局

2013年02月17日

○堀川五段 飛車落ち

まだまだ寒いですね。
来週は金沢に棋王戦を見に行く予定なのですが、ひどい雪に
なりませんように…。

さて棋譜はスクールのレッスンですが、惨敗が続いて先生から
「将棋が崩れている」と指摘された頃のものです。
一番基本の定跡に戻って指していただいたわけですが、
やはり攻めがグダグダでした…。

最後は開き直って攻めて何とか詰ましましたが、まぁ何と言うか
今見るとひどい内容です^^;


今はおかげさまで、だいぶマシになってきてます^^
posted by 涼暮 at 16:44| Comment(2) | TrackBack(0) | 指導対局

2013年01月27日

●安用寺六段 飛車落ち

今日(というか昨日の夜中というか)は全国的にかなり広範囲で雪でしたね。
普段雪が降らない地方の方は、車の運転くれぐれも気をつけてください。
私は本当に偶然にも、昨日の午前中にスタッドレスに交換していました。

さて棋譜の方は月に一度NSNで教えていただいている安用寺先生の指導対局です。

細かいやり取りを経て、△6二玉型になったわけですが細かい事はともかくとして
ちゃんと自玉を見ましょうというお話に尽きます(笑)



この時期は連敗ロードまっしぐらですね…。
posted by 涼暮 at 23:08| Comment(2) | TrackBack(0) | 指導対局

2013年01月25日

●堀川五段 飛車落ち

お正月早々に風邪で一週間ほど寝込んでしまい、そのままダラダラと更新を
サボってました(汗)
まったく先が思いやられるってもんです…。

さて今回の棋譜も前回に引き続き、△3三桂と上がらない形です。
今回はこちらが自分でもどうかと思うくらい強引な攻めを敢行したのですが、
案外うまくいっていたようで、この局面。

2012/08/05 堀川五段 飛車落ち 63手目

ここで▲4八金と馬を狙っていけば充分以上に指せていたようですが、
実戦では▲4八飛としてしまい、その後もパッとしてい手が続いて
ずるずると負けになりました(´・ω・`)

posted by 涼暮 at 01:03| Comment(1) | TrackBack(0) | 指導対局

2013年01月02日

●堀川五段 飛車落ち

あけましておめでとうございます。
今年もよろしくお願いします。( ´ ▽ ` )ノ

今年も指す方に、観戦に、イベントにと楽しんでいきたいと思います。

本年最初の棋譜はスクールのレッスンです。上手が前回に引き続き
序盤に△3三桂と上がらない形になりました。
そこから仕掛けてしばらくしてこの形。
2012/07/29 堀川五段 飛車落ち

ここで▲4八金と引いていれば、△4七銀も▲4九金でそれ以上
打ち込む駒がないので受かっていたようですが、▲5七金と
避けてしまったので△4八銀が痛打となり、その後はいい所
無く負けとなりました(-。-;


posted by 涼暮 at 21:36| Comment(1) | TrackBack(0) | 指導対局