2013年08月05日

●安用寺六段 飛車落ち

今日まで行われていた東急将棋まつりは大盛況だったようですね。
とくに加藤先生、羽生先生、藤井先生、三浦先生が集結した土曜日は
立ち見もできないほどの超満員だったようです。

盛況になればなるほど現場の混乱は増えるでしょうから、将棋連盟さんは
ぜひイベントの運営ノウハウを集約して、全国のイベントが円滑に
行われるよう情報展開していただきたいです。

さて将棋のほうはNSNでの安用寺先生との指導対局です。
6二玉型でおなじみの桂頭を攻める展開から、その桂馬が逃げる
形になってこの局面。
2012/11/30 安用寺六段 飛車落ち 63手目

ここはまず馬取りの▲4七金だったようです。
本譜は喜んで桂馬を取ってしまったため、空いたスペースに両取りで
桂馬を打たれて自陣がボロボロになってしまいました。
▲4七金を先に入れれば桂打ちが両取りにならないので、桂馬を取っても
問題なかったわけですが…。

その後も疑問手連発で、相当ひどい棋譜になっての投了でした(´・_・`)
posted by 涼暮 at 00:17| Comment(0) | TrackBack(0) | 指導対局
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/71802946
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック