2013年03月24日

●安用寺六段 飛車落ち

今日は大注目の電王戦第1戦が行われました。
阿部光瑠四段が先手で一手損して定跡を無効にしたり、端歩を早めに突いて
手抜かせて突き越したりと、ソフトの弱点を巧妙に突いた指しまわしで
快勝! 第2戦以降も楽しみです。

興行的には今回はプロの3勝2敗で来年リベンジみたいのが一番おいしいん
でしょうね。現実にはどうなるかわかりませんが。

さて棋譜はNSNで安用寺先生に教えていただいたものです。
△4二銀型の将棋になりました。
香を捨てて▲4三歩とするいつもの仕掛けから、しばらく進んでこの局面。
2012/10/26 安用寺六段 飛車落ち
上手が△7六桂と角金両取りを狙ってきた局面です。
ここで「せっかく香が上がってあるのだから」と▲9九角と逃げたのですが
これは△8八歩とされて意味無し。
そもそも▲7七角としてから仕掛ければ、この攻めはなかったわけで
特に仕掛けを急ぐ理由もなかった以上、そうしてから指すべきでした。

そこからさらに進んでこの局面。
2012/10/26 安用寺六段 飛車落ち
金取りを防ぎ、王手金取りをかけながら再び△7六桂を狙う手です。
ここで▲同角としたのですが、さすがにやりすぎでした。
▲同歩として両取りかけられても二枚替えなので、まだそっちを選ぶべきでした。

ここから先はひたすら寄せられるだけの負けとなりました(泣)


posted by 涼暮 at 00:00| Comment(1) | TrackBack(0) | 指導対局

2013年03月14日

●堀川五段 飛車落ち

暖かくなったり、ちょっと冷えたり微妙な天気が続きますね。
体調崩さないように気をつけたいです…。

棋譜の方はスクールのレッスンで、上手が角を引く将棋になりました。
この場合△6四角まで動かれると仕掛けにくくなる(▲4五歩とやると
3七の桂馬がタダ)ので、△3一角の時点で仕掛けられるように駒組を
進める必要があります。

若干強引ながらも手を作っていき、最終盤のこの局面。
20121007_83.png
ここで▲7九玉とすれば何事もなかったのですが、右辺が広くて逃げ
やすそうと思ってために▲6九玉としたのが大失敗。
すかさず△8九飛成と王手で桂馬を取られ、合駒も送りの手筋で取られて
そのまま詰まされてしまいました(涙)



前回もそうですが、あと一手ちゃんと受けられていれば…。(´・ω・`)
posted by 涼暮 at 23:39| Comment(2) | TrackBack(0) | 指導対局

2013年03月09日

●堀川五段 飛車落ち

いやぁ、急に暖かくなりましたね。
今日は車に乗ったらエアコンが暖房じゃなくて冷房になりました^^;

そして春になると恒例なのが岡崎将棋まつり。
今年も案内が出ています。 会長、名人、竜王と超豪華版ですね^^

さて今回もスクールのレッスンですが、上手が△6四金と構える形になりました。
その瞬間5三の地点が薄いので仕掛けて、しばらく進んでこの局面。
2012/10/13 堀川五段 飛車落ち 65手目
ここで後手は引きたくないと▲同角と銀を取ったのですが、さすがにやりすぎの
ようで▲8八角と引いてから2枚の銀をいじめにいく指し方で十分だったようです。

そして最終盤のこの局面。
2012/10/14 堀川五段 飛車落ち 83手目
ここでも先手を取ろうと金で合駒をしてしまったばかりに、△7九角▲9八玉△7八竜から
即詰みが発生してしまいました ><
ここは桂馬で合駒していれば、まだまだやれたようです。



最近は中盤以降の指し手についてソフトにも色々ご意見を伺って(笑)います。
なかなか勉強になります。
posted by 涼暮 at 21:14| Comment(0) | TrackBack(0) | 指導対局

2013年03月03日

●堀川五段 飛車落ち

昨日はA級順位戦最終日でしたね。
私も大盤解説会を最後まで楽しんできました。
行方先生が予想通りお酒が入ってて面白かったです(笑)

さて自分の将棋の方は、絶不調の頃のもの。
前回に引き続き先生にご配慮いただき、基本的な定跡の形に。
前回は△7二玉型でしたが今回は△6二玉型でした。
この形は8二に角が打てるのですが、すぐに打つとなかなか
難しいですね。今なら角を打たずに▲7五歩から桂頭を狙って
いきたい所です。

そして終盤押し迫ってこの局面。
2012/09/02 堀川五段 87手目

先手玉には詰めろがかかっているのですが、それに気付かず
悠然と後手玉に詰めろをかけにいったので当然ながら
あっさり詰まされました。(>_<)



自分のレベルではまずは詰めろが見えるかどうかですね。
詰将棋精進しないと…。
posted by 涼暮 at 00:42| Comment(0) | TrackBack(0) | 指導対局