2012年08月19日

●堀川五段 飛車落ち

私の夏休みも今日で終わりです(泣)
今年の夏休みは京急将棋祭りへ行ったり、LPSAへ行ったり、その足でなぜか
大阪へ焼肉を食べに行ったりと(笑)非常に充実していました^^
まぁ、指導対局は全部負けたんですが(´・ω・`)

さて棋譜の方はまだ3月のレッスンのものです。
ぜんぜん追いつきませんね(汗)

2012/03/18 堀川五段 17手目
今回ポイントになったのは、かなり序盤ですがこの局面。
上手の△7四歩がかなり早く、何となく怪しげな局面。
ここで普段通り▲7八銀〜▲8六歩〜▲8七銀と指したのですが、上手に△3一角〜△6四角を
許して仕掛けにくくなってしまいました。

ここは▲7八銀ではなく、▲7八玉として攻撃側の整備(▲3七桂、▲4九飛)を急ぐべき
だったとのこと。
引き角を見せられたら、即▲4五歩で開戦する狙いですね。
上手も早く引き角の形を作るために、自陣の整備を後回しにしているのでこちらが
多少不安定では戦えそうです。

本譜は引き角から△6四角を許してしまい、その後も攻めの形が見えずいい所無く
完敗でした。(´・ω・`)

posted by 涼暮 at 23:36| Comment(0) | TrackBack(0) | 指導対局

2012年08月05日

○堀川五段 飛車落ち

今日は新しいカメラ(Nex-5N)を買って来ました。
暗い所での強さが段違いです^^
これで京急将棋祭りも万全!(そこかよ)

さてさて棋譜は本日もスクールのレッスンです。
上手が△3三桂を指さず、下手が即座に▲4五歩と咎めに行くという
このブログでは割とおなじみの形ですね。

本譜最大のポイントはこの局面。
2012/03/11 堀川五段 飛車落ち 40手目
定跡通りの進行の場合、飛車を4九に引くのはよくある形ですが
角交換しているこの場合は悪手。
即座に△3八角とされて困ってしまいます。

堀川先生はこれをウッカリと判断して、「飛車を戻しなさい」
という意味合いで、△5一銀と待ってくれました。
「他に手もないだろうし、気付くだろう」と思われたそうですが、
こちらはマズイことになっているのに気付かなかった上、
▲2六角と浮いた金を強引に狙っていったら手になって
しまいました^^;

その後も(こういう時に限ってw)うまく指し進め、そのまま
寄せきりることができました。



まぁ、これは実際には負けの一番ですね(笑)
posted by 涼暮 at 00:44| Comment(5) | TrackBack(0) | 指導対局