2012年06月17日

●安用寺六段 飛車落ち


今日の大和証券杯では中川八段がまさかの切れ負けになってしまいました。
着手確認をOFFし忘れてギリギリに指してしまったようで、以前の羽生二冠と同じ
パターンですね。
指し手の入力方法もちょっと改善の余地があるのかもしれません。

さて棋譜の方はNSNでの安用寺先生との指導対局です。
割とよくある△6二玉型ですが色々見落として、ひどいことになりました(T_T)

20111230 安用寺六段 飛車落ち 57手目

金取りのこの場面で形良く納めようと銀を引いたのですが、よく考えると
金を取らせてしまうと下手の大きな狙いである▲8二角が打てなくなる
(△8一金がある)ので、金を取らせないよう逃げるべきでした。

それ以外にも大きな見落としがボロボロ発生して、見るも無残な事に…。



いやぁ、後から棋譜を見直してここまでヒドイと思ったのも久しぶりです^^;
posted by 涼暮 at 23:12| Comment(0) | TrackBack(0) | 指導対局

2012年06月16日

●堀川五段 飛車落ち

名人戦は森内名人の防衛で終わりましたね。
第6局も名古屋で大盤解説があったので見に行ってきました。
豊川先生が例によってダジャレ全開でおもしろかったです(笑)

今回の棋譜もスクールのレッスンから。
上手が変則的な構えにしてきました。
ポイントは攻めの構想の部分。
20111218 堀川五段 飛車落ち 39手目
ここから▲7七角と上がって、いつも通り4筋を攻めたわけですが、
金が4二にいるため上手陣が極めて手厚いです。
ここは狙いを9筋に変えて、▲7七桂〜▲9七香から雀刺しを狙った方が
よかったと局後にアドバイスいただきました。

飛車落ち右四間定跡は、上手の厚い所を攻める事で攻めの勉強をするのが
主旨と理解しているのでちょっとやりにくいのですが、さすがにここまで
4筋に備えられたら、突き破るのは難しいようです^^;



さて、ようやく2011年分の棋譜も終わりが見えてきましたよっと。
追いつくのはいつの日か…。
posted by 涼暮 at 22:57| Comment(0) | TrackBack(0) | 指導対局

2012年06月10日

●堀川五段 飛車落ち

今日は大和証券杯の船江-渡辺戦が行われていました。
いやぁ、相居飛車の竜王はひときわ強いですね。
今週はさらに名人戦も続き、大盤解説も実施されるようなので行こうと思っています。
楽しみです(^^)

さて棋譜はスクールのレッスンです。引き続き上手が引き角の将棋。

20111210 堀川五段 飛車落ち 55手目
上の局面で金を4八に寄って受けたのですが、この場合4筋に歩が立つので△4七歩▲同金で結局桂馬に成られてしまい受けになりませんでした。(´・ω・`)
放置して攻め合いに出た方がよかったようです。



いやぁ、なかなかうまくいきませんね。
posted by 涼暮 at 23:39| Comment(0) | TrackBack(0) | 指導対局

2012年06月04日

●堀川五段 飛車落ち

名人戦は淡々と先手が勝ち続ける展開ですね。このまま最終局まで行くと
振り駒をする記録係のプレッシャーが尋常じゃないかもしれません^^;
ここから先、名古屋でも大盤解説があるようなので可能な限り参加したいと思います。

さて、今週の棋譜は久しぶりにスクールのレッスンです。
長浜で苦しめられた引き角について堀川先生がアレンジして指してくれました。

ポイントとなったのは以下の局面。
20111127 堀川五段 飛車落ち 局面図
角交換してもいい局面ですが、「後でもできる」と判断して▲7五歩と桂頭を狙いに
行きました。そしてそのまま局面が進むと以下の形に。
20111127 堀川五段 飛車落ち 局面図
桂馬は取れますが、角道を止められて活用できなくされてしまいました。
結局この角は最後まで捌けず、6六歩や7五銀と攻めを呼び込んでる形になっている
ことも相まって、攻めが息切れしたタイミングであっという間に寄せられました。(-_-;)

posted by 涼暮 at 00:48| Comment(0) | TrackBack(0) | 指導対局