2011年12月31日

○室田伊緒女流初段 飛車落ち

いよいよ2012年が近づいてきました。
今年も一年お世話になりました。
今年はTwitterをはじめたこともあり、将棋ファン同士の横のつながりが
格段に増えた年でした。

来年もまた、よろしくお願いします。 m(__)m

対局の方は、スクールで数ヶ月に一回実施されている室田女流初段による
多面指導対局になります。

上手が手待ちのために、1二香としたのが大きな特徴。
この形は角が成りこんだ時に直接香が取られない利点はありますが、
▲2一銀と打ち込まれる隙があるので、その辺りがどうなるか。

本譜は、仕掛けた時に▲2五歩と突き捨てたのが功を奏し
▲2一銀だけでなく、▲2四桂の隙も生じる形に。
さらに▲4五桂と跳んだ形が銀桂の両取りになり、必ずどちらかの
狙いが実現できる状況になりました。

その後も駒得を進めそのまま押し切ることができました^^



こうやって書くとわかりますが、勝つと饒舌ですね(笑)
posted by 涼暮 at 21:20| Comment(0) | TrackBack(0) | 指導対局

2011年12月30日

●堀川五段 飛車落ち

暮れも押し迫ってきました。
実家に帰ってきたのはいいのですが、せっかく作成した前回の記事
(京急将棋まつり1日目)の続きの棋譜を家へ置いてくる体たらく…orz

というわけで、通常のレッスンの棋譜になります。

前回のレッスンに引き続き、6三玉型になったわけですが仕掛けから
しばらくよくある手順で進んだ後、突如飛車桂交換をする荒っぽい展開に。
先生も驚いていたようですが、今回棋譜を見直した自分も驚きました(笑)

とは言え実際に指してみると、最終的な勝ち負けはともかくかなり迫れる
手順だったようです。
実際にはそこからの追撃方法を間違えて、明快に足りない形にしてしまいました…。



あまり前の棋譜だと、覚えていないことも多くて大変^^;
この年末年始のお休みでなるべく取り返したいと思ってます。
posted by 涼暮 at 20:53| Comment(0) | TrackBack(0) | 指導対局

2011年12月17日

○○●京急将棋まつり(1日目)

今さら感満載ではありますが、8/11〜8/14にかけて泊りがけで京急将棋祭りへ
遠征してきました。
Twitterの将棋クラスタ関連の方々とも交流でき、大変楽しく過ごせました^^

指導対局も4日で6局教えていただきました。
今回はその中から1日目の3局を。

○北浜七段 飛車落ち

事前に書く紙に棋力と希望の手合いの欄があり、「初段」「飛車落ち」と書いた所
「初段で飛車落ちですか?」と心配そうに言われてしまいました^^;

「今教えていただいてる先生にそう言われてるんです」と説明しながら対局開始。
そのせいかどうか、一番基本的な金の両取りがかかる定跡になりました。
そこから桂馬で飛車を止める形は、以前にスクールのレッスンで教えていただいた形。
その時と同様に攻めて行き、特に危ない場面も無く勝つことができました^^


感想戦後、「次は角落ちか平手で」とのお言葉をいただきましたが、それはいくらなんでも無理というものです(笑)


○中村(真)女流二段 飛車落ち


この時、実は抽選で外れていたのですが日本将棋連盟Twitter支部の、おさまこ支部長が急用とのことで譲っていただけました。
おさまこさん、ありがとうございました!

対局の方は飛車取りを放置して踏み込んだ手が功を奏して、短手数での勝ちとなりました^^


感想戦で、「(飛車を)一手でも受けてくれると、こちらも指せるんですけどねぇ・・・」と言われていました。
やはり後手を引かずに踏み込むのは大事ですね…と言ってるとよく自爆するわけですが。


●上野五段 飛車落ち


本来予定になかった三回目の指導対局が実施されることになり、当然のように(笑)参加。
こちらも勢いよく飛車を切って馬を活用しようとした所まではよかったのですが、先手を取らない受けをしてしまったためにあっという間に形勢が逆転。
そのまま負けとなりました(T_T)

一手であっという間に形勢が変わってしまうので、将棋は恐ろしいですね。
それが面白い所でもあるんでしょうが。
posted by 涼暮 at 15:16| Comment(0) | TrackBack(0) | 指導対局